toggle
2018-06-13

TOKYOBAYで英語コーチをしている

阿部です

 

【今日の英語 Let’s learn English.は「どういたしましてラブラブ」】

 

Thank you.

と言われて

You are welcome.

このように返す言葉が、すぐに頭に浮かんできますよね?

 

You’re very welcome.(少し強調させて)や

You’re most welcome.(さらに強調させながら、丁寧な言い方)

も使えます。

 

どういたしましてって

他にもいろいろな言い方がありますキョロキョロ

Thank you for a ride.

(乗せてくれてありがとう)

No problem./Not at all.(No problemは対友人で使います、Not at allは礼儀正しい感じ)

(問題ないよ)

 

他にも「どういたしまして」という場面で

使える表現がありますおねがい

 

まずは、中学英語で習ったかもしれませんが、

Don’t mention it.(イギリス英語ではこの表現を良く使います)

 

Anytimeはアメリカの海外ドラマでは良くでてきますね。

「いつでもどうぞ」

というようなニュアンスです。

 

さらには、

It’s my pleasure./ My pleasure./ Pleasure is mine.

(私も楽しんだんだから、お礼はいらないわというニュアンス)

もっとカジュアルに

Sure./ That’s O.K.

というのも軽いシチュエーションで

使えます。

 

上記のように

なにも難しい英語を並べなくても

簡単に英会話ができるようになるって

知っていますか?

 

【3ヶ月でペラペラ英語を話せるようになる方法】

が知りたい方は

Contactからお問い合わせ下さいおねがい

関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。